1. トップページ

食へのこだわり

これから趣味を料理にしたい人へ、趣味にするメリットを書いていきます。

1日の平均的な食事の回数は3食です。

練習するタイミングは毎日いくらでも訪れます。

料理作りは脳トレにもなる、と言われるほど頭を使うのでいい刺激にもなります。

そして何歳からでも、男女どちらでも、
いつからでも始めれるというメリットがあります。

料理とは、誰が趣味にしていてもおかしくないですし、
いつから始めても、遅い早いなんていうものは存在しないのです。

レシピは今やインターネット、テレビ、本、新聞など、どこからでも調べられます。

料理教室に通って、先生と呼ばれる人に教えてもらうのも上達しますし、
同じように「料理の腕を向上したい」という同志を見つけ友達になるのもいいものです。

料理を作って美味しくできたときは、誇らしい気分になりますし 、
誰かに食べてもらって「美味しい」と言ってもらえるのも、
作った本人だから喜べる特典です。

料理が作るのがうまいというのは、結構ステータスになります。

両親のどちらかが美味しい食事をつくれると家族が幸せですし、
知人を招いて披露したとき、喜ばれると家族は鼻高々です。

ご飯が美味しいということは、それだけで幸せなことだと思います。
ぜひ、趣味にしてください。